ひの社会教育センター

ひの社会教育センターは日野市と公益財団法人社会教育協会が共同で運営しています

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

TEL.042-582-3136 FAX.042-581-0647

トピックス

幼児からシルバー世代まで、楽しく学べる生涯学習に今すぐチャレンジ!

1才から就学前の子ども・親子対象の教室、親子の交流・子育て支援に取り組んでいます。

小学生以上を対象とした文化・芸術活動、スポーツ・野外自然学習を行っています。

音楽・アート・ダンス・語学・文化・教養・健康づくりなど、さまざまな講座を開催しています。

みんなのすてきな木のおうち(日野社会教育センター新館建設最新情報)

2017年3月に移転が決定している当センターですが、新館の完成に向けて、より一層のご理解とご協力をお願いしております。 これまでの経緯や建設資金の募金額など、新館建設に関する情報を掲載したニュースペーパーがこちらからご覧いただけます。

※建設予定地の情報はこちら(日野市のHPへリンク)

http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/196,0,351,2036,html

ひの社会教育センターのマスコットキャラクターの名前が決まりました!

ひのリスです!

たくさんのご応募と、みなさんの投票のご協力をいただいて、当センターの公認キャラクターに決定したかわいいりすのマスコット!このたび、名前が決まりました!
その名も『ひのリス』!読んで字のごとし、見て絵のまんま。わかりやすく、親しみやすい名前が、たくさんの方の支持を得ました。センタースタッフは『ひのリス』がプリントされたTシャツを、ことあるごとに着用するつもりです。
みなさんも、どうぞ末永くかわいがってくださいね!

日野社会教育センターの実践報告集が出版されました

人がつながる居場所のつくり方

日野社会教育センターが実践したコミュニティデザインの成功

延べ500万人、45年間の心温まる記録
このほど、日野社会教育センターの44年の実績をまとめた本をWAVE出版社より出版することができました。
当センターは東京都日野市と社会教育協会(財団法人・当時)が協力して1969年に開設した民間の社会教育機関です。
“市民による、市民のための、市民の”施設として半世紀近く、文化・スポーツ・福祉・国際交流など、幼児期から高齢者までが参加して生きがいづくりの拠点となっています。
現在までの利用者は年間12万人、44年間で延べ500万人。まさにあらゆる市民の居場所、コミュニティーデザインのグラウンドとして機能しています。
これからの日本の未来を支える「地域」と「人」のあり方について、今こそ、当センターの培ってきた人と人の繋がる力のつくり方を書き残し、広く参考になればとの思いから、センターのスタッフ一人一人の寄稿によって完成した一冊です。
販売は全国の書店を始め、インターネット通販のamazonでもご購入いただけます。
また、当センターでも販売しておりますので、どうぞ一度手に取ってご一読ください。詳しくはこちら
2014年7月6日(日)に開催された出版記念のつどいの様子はこちらからご覧いただけます。

東日本大震災被災地支援活動にご協力ください

この度の東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。 ひの社会教育センターでは、被災地支援のためのチャリティーイベント、募金活動等を行っています。 ご賛同いただける皆様には主旨をご理解いただき、ぜひご協力をお願い致します。