1. HOME
  2. イベント
  3. 受講者募集中
  4. 【自然保育セミナー⑤】もしものときの対応 〜事故やケガが起きたときの知識と技術〜

【自然保育セミナー⑤】もしものときの対応 〜事故やケガが起きたときの知識と技術〜

対象:このような方におすすめのゼミナールです
  1. “自然保育”というキーワードが気になった方
  2. 保育園・幼稚園等、保育の現場で自然の中での活動を取り入れたいと感じている方
  3. 自分の子どもに自然活動を取り入れたい方
  4. いろんな人と保育観を深めたい方
  5. 将来保育士や幼稚園教諭を目指す方

2021年9月4日(土) 9:00〜17:00

もしものときの対応 〜事故やケガが起きたときの知識と技術〜

子どもたちの健やかな成長には体験的活動が欠かせません。しかし危険(リスク)もあふれています。万が一ケガや事故が発生したとき、保育者は何を根拠に救急車を呼ぶ、呼ばないを判断をしますか。子どもに合わせた救急法の知識技術を、実技を交えながら学びます。
※子どもの救命救急法国際資格「EFR-CFC」取得可能(別途2,200円)

場所 ひの社会教育センター
参加費 10,000円
定員 20名

お申し込みはこちら

講師

寺田達也

寺田達也(てらだ・たつや):(公財)ひの社会教育センター 地域コミュニティ部次長/アウトドア事業部チーフ
幼児から大学生までの自然体験活動に15年近く従事し、年間を通じて子どものキャンプや登山、スキーや水辺の活動を企画運営。また、冬場はスキー場のパトロール隊員としても活動する傍ら、世界的な救急法団体「Wilderness Medical Associate International」の公認インストラクターを務める。
数々の救護体験や子どもの安全を管理する立場から、紹介されるエピソードや情報提供にも定評がある。

キャンプ指導者資格、幼稚園小学校教員免許、EFR救急法国際資格インストラクタートレーナー ほか。

自然保育セミナーの他のテーマ・日程についてはこちらをご覧ください。

私たちは50年前から野外教育を始め、その流れの中で2009年より森のようちえんをスタートさせました。
このゼミナールにはこれまでの活動の中で見えてきた大切なことや、我々がもっと学びたいこと、学びを深めたいことをギュッと凝縮しました。
みなさんもぜひ一緒に学びませんか?

| 受講者募集中