1. HOME
  2. 特集
  3. 自然保育ゼミナールを開講します!

SPECIAL

特集

自然保育ゼミナールを開講します!

私たちは50年前から野外教育を始め、その流れの中で2009年より森のようちえんをスタートさせました。
このゼミナールにはこれまでの活動の中で見えてきた大切なことや、我々がもっと学びたいこと、学びを深めたいことをギュッと凝縮しました。
みなさんもぜひ一緒に学びませんか?

学べるテーマ

  • 子どもをみる視点
  • 実効性のある事故予防リスクマネジメント
  • 自然保育下での非認知的スキルと運動能力
  • 環境を考えた自然保育の取り組み
  • フィールド素材の活かし方
対象:このような方におすすめのゼミナールです
  1. “自然保育”というキーワードが気になった方
  2. 保育園・幼稚園等、保育の現場で自然の中での活動を取り入れたいと感じている方
  3. 自分の子どもに自然活動を取り入れたい方
  4. いろんな人と保育観を深めたい方
  5. 将来保育士や幼稚園教諭を目指す方

①森のようちえんとは? 〜私たちが森のようちえんをやる理由〜

2021年4月19日(月) 19:00〜21:00

森のようちえん専任インストラクターがひの社会教育センターで森のようちえんを立ち上げた経緯や、現在までの12年間の中で積み上げた森のようちえんを行うノウハウ、子どもとのかかわり方などをお話します。詳細とお申し込みはこちら↓

②経験や勘に頼らない実効性のある事故予防 〜子どもの体験活動リスクマネジメント〜

2021年5月22日(土) 9:00〜17:00

子どもたちの健やかな成長には体験的活動が欠かせません。しかし危険(リスク)もあふれています。このゼミナールでは、子どもの安全を守りながら体験の価値も保証できる安全管理法(リスクマネジメント)を、実技を交えながら学びます。実用的で評価の高い講習会です。
※体験活動資格安全管理者資格ASL資格の発行(別途2,200円)も可能。詳細とお申し込みはこちら↓

③自然の中で得られる子どもたちの非認知的スキル

2021年6月26日(土) 10:00〜11:30

Zoomオンライン講座
近年注目されている非認知的スキル。学校の学力テストなどでは計りにくい集中力、リーダーシップ、協調性、自己管理力、課題解決力などのことを指します。
自然環境の中ではこのような力が育ちやすいと近年分かってきました。非認知的スキルを高めるためには保育者はどのような働きかけができるのか、どのような環境を提供することが好ましいのでしょうか。この分野を研究されている山口先生からお話をうかがい、自分達の保育や活動に活かしましょう。
また午後は参加者同士でどのように自分たちの保育や子育てに取り入れられるかを話し合いましょう。(午前の部定員100名、午後の部は希望者のみ定員20名)。詳細とお申し込みはこちら↓

④子ども達の“なにこれ?”に寄り添う(1) 〜バッタと子どもの関わり〜

2021年7月3日(土) 10:00〜14:00

ひの社会教育センターでの野外活動や森のようちえんの中で得てきた、子どもたちの“なにこれ?”に寄り添う方法を実際のフィールドワークの中で一緒に考え、お伝えします。バッタだけにとどまらないフィールド素材の活かし方、子どもたちとの関わりについて考えるゼミナールです。詳細とお申し込みはこちら↓

⑤もしものときの対応 〜事故やケガが起きたときの知識と技術〜

2021年9月4日(土) 9:00〜17:00

子どもたちの健やかな成長には体験的活動が欠かせません。しかし危険(リスク)もあふれています。万が一ケガや事故が発生したとき、保育者は何を根拠に救急車を呼ぶ、呼ばないを判断をしますか。子どもに合わせた救急法の知識技術を、実技を交えながら学びます。
※子どもの救命救急法国際資格「EFR-CFC」取得可能(別途2,200円)。詳細とお申し込みはこちら↓

⑥子ども達の“なにこれ?”に寄り添う(2) 〜どんぐりの可能性〜

2021年10月2日(土) 10:00〜14:00

ひの社会教育センターでの野外活動や森のようちえんの中で得てきた、子どもたちの“なにこれ?”に寄り添う方法を実際のフィールドワークの中で一緒に考え、お伝えします。どんぐりだけにとどまらないフィールド素材の活かし方、子どもたちとの関わりについて考えるゼミナールです。詳細とお申し込みはこちら↓

⑦Leave No Trace 〜環境倫理の実践〜

2021年11月6日(土) 10:00〜14:00

Leave No Trace(リーブノートーレース)とは、自然を利用するすべての人が、環境に対する責任をもち、楽しく利用するための環境倫理です。世界60ヵ国で広がっています。今回は実際に活動にどのようにLNTを取り入れてきたか運営面や保育面でのお話をします。また子どもたちや保護者へ保育者がどのようにアプローチを行っていけばよいか一緒に考えましょう。
※Leave No Trace certificate(認定証)が発行されます。詳細とお申し込みはこちら↓

⑧自然の中で得られる子どもたちの運動能力について

2021年12月18日(土) 10:00〜11:30

Zoomオンライン講座
幼少期の身体活動や自然体験活動の重要性は多く知られています。幼児期から不整地など自然環境が豊かなところに身を置くことで子どもたちにどのような変化を期待することができるのでしょう。
この分野を研究されている居﨑先生からエビデンスに基づいた情報提供を受け、午後は参加者同士でどのように自分たちの保育や子育てに取り入れられるかを話し合いましょう。(午前の部定員100名、午後の部は希望者のみ定員20名)詳細とお申し込みはこちら↓

⑨ロープ・刃物を使った遊びについて

2022年1月29日(土) 10:00〜14:00

子どもたちの遊びの幅をぐっと広げるロープとナイフ。ロープでブランコを作ったり、ナイフでクラフトを楽しんだり。森での遊び方は無限大です。実践を通して扱い方やいくつかの遊び方を学びましょう。また講習中には幼児や小学生にロープや刃物を安全に子どもたちに提供するためのノウハウも伝えていきます。詳細とお申し込みはこちら↓

【限定講座】“実践”森のようちえん

2022年2月6日(日)

①〜⑨のゼミナールのうち、2つ以上に参加いただいた方限定の講座となります。
ひの社会教育センター森のようちえんへ実際にスタッフとして参加いただきます。活動前の準備、事前の打ち合わせから、実際の活動、活動後の振り返りまで、余すことなく見ていただけます。自然保育の現場を見てみたい方、これから自然保育をやりたい方の参考に。詳細とお申し込みはこちら↓

【限定講座】“実践”森のようちえん

2022年2月27日(日)

①〜⑨のゼミナールのうち、2つ以上に参加いただいた方限定の講座となります。
ひの社会教育センター森のようちえんへ実際にスタッフとして参加いただきます。活動前の準備、事前の打ち合わせから、実際の活動、活動後の振り返りまで、余すことなく見ていただけます。自然保育の現場を見てみたい方、これから自然保育をやりたい方の参考に。詳細とお申し込みはこちら↓

【限定講座】子ども×自然×オトナ

2022年3月19日(土) 10:00〜14:00

ゼミナールで学んできたことから、自然保育についてもう一度振り返りを行い、目指す子どもたちの姿に向けて私たちができることは何なのか。みんなで語り合い、アクションプランを考えましょう。詳細とお申し込みはこちら↓

お申し込み・お支払い方法

お申し込みの方法とその後の流れ

  1. 各講座によってお申込み方法、参加費が異なります。開催日2週間前までにそれぞれの申し込みサイトでお手続きください。
  2. お申込み完了後、開催2週間前までに当日の日程や持ち物等のご案内とコロナウイルス等による社会情勢を鑑みて参加にあたってのガイドラインを事前にメールにてご連絡いたします。

キャンセルについて

主催者側の講座中止以外、参加費をお支払い後および開催日2週間を切っての申込みの場合、返金は出来ませんのでご了承ください。

お問い合わせ

こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
返信には3日ほどいただく場合があります。ご了承ください。