ひの社会教育センター・国際交流事業

海外語学研修・視察・熟年からの海外旅行など、実りある国際交流事業に取り組んでいます。

TEL.042-582-3136

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

2016年度デンマークに学ぶ社会福祉(幼児教育&高齢者)研修

2016年度デンマークに学ぶ社会福祉(幼児教育&高齢者)研修

2016年9月24日(土)~10月2日(日)【7泊9日】

2016年度デンマークに学ぶ社会福祉(幼児教育&高齢者)研修の旅

このプログラムは、ロスキレ市の全面的なご支援をいただいて実施しております。


皆様に支えられながら共に実施してまいりましたこの研修もこれまでにご参加いただいた皆様は延べ469名となりました。皆様方のご支援に心から感謝いたします。そしてこの事業は2013年度をもちまして一区切りとさせていただきました。皆様方のご支援に心から感謝いたします。
しかしながら、これまでに多くの参加者を派遣していただきました事業所より、なんとか実施してほしいとのご要望が寄せられ、企画依頼事業として澤渡夏代Brandtさんのご協力をいただき、2016年9月24日(土)〜10月2日(日)の日程で実施することになりました。

デンマークを訪問する事業は、この事業以外に3回実施されていますので、延べにいたしますとこれまでに27回実施したことになります。これもひとえに皆様方のご支援によるものと重ねて心より感謝申し上げます。
また、デンマーク在住の澤渡夏代ブラントさんからは、「これまでの経験に基づきながらも中身の濃いプログラムで実施しましょう」と添付のような内容で実施する運びとなりました。
そして、今年もデンマークロスキレ市当局、高齢者福祉や幼児教育の専門家によるレクチャーをはじめ、高齢者ケアセンター、高齢者住宅、補助器具センター、総合保育園、森のようちえん、障がい者アクティブティー&トレーニングセンター(含:授産施設)等の視察と交流を行ないます。合わせてロスキレ市高齢者委員会の皆様との交流会を行ないデンマークの社会福祉について直接ふれて学びたいと思います。

また、ロスキレ早朝散歩やフリータイムを活用しての街の散策をはじめコペンハーゲンミニ観光やフリータイムを活用しての、アンデルセンの故郷オーデンセへのツアー(Op)などデンマークの雰囲気を楽しんでもらうプログラムも準備いたしました。
夏代さんをはじめ現地関係者のご協力のもと一般の旅行とはひと味違う中身の濃いプログラムで学ぶ『デンマークに学ぶ社会福祉(幼児教育&高齢者福祉)研修』に一人でも多くの皆様にご参加していただければと願っています。

日程 2016年9月24日(土)〜10月2日(日)【7泊9日】
現地活動費 328,000円 (航空券は含まないお一人様の金額です)
※職員が同行します。
※ご希望の方には航空券の手配も致します。
訪問都市 デンマーク・ロスキレ市
宿泊 すべてダンホステルの予定
募集人員 20名 (最少催行人員:15名)
現地セミナーリーダー 澤度夏代Brandt
お申し込み 詳細な内容や日程等をこちらのチラシでご確認ください。

お申込みはこちらの申込み用紙にご記入ください。
お問い合せはこちらからどうぞ。
参考

スケジュール

活動内容 資料
9/24(土) デンマーク空港に16時までに集合。
※ひの社会教育センター職員もこの日に出発予定ですので、よろしかったらご一緒にどうぞ。(SK984便 11:40発スカンジナビア航空 16:05着)
9/25(日) ★レクチャー:『デンマーク福祉一般事情/高齢者』(澤渡夏代ブラント)
午後からはデンマークフリー散策
9/26(月) ★高齢者ケアセンターアスタースパイ(認知症特養)訪問
(認知症ケアの一方策の紹介/デイサービス&入居者棟の訪問)
★特別養護老人ホーム。または★保育園訪問
【夜】レクチャー:『デンマークの子育て事情』(澤渡夏代ブラント)
9/27(火) ★障がい者アクティブティー&トレーニングセンター(含:授産施設)
★ロスキレ総合保育園への訪問とレクチャー(0〜6歳児)
(子どもの日常を視察及び園長先生のお話を伺う&質問)
9/28(水) ★終日フリータイム
【コペンハーゲンまたはアンデルセンの故郷オーデンセ等】
9/29(木) ★自然保育園または森の幼稚園訪問
★高齢者ケアセンター(一般特養)・高齢者住宅訪問(レクチャー及び視察・交流)
9/30(金) ★精神疾患患者プライエムソルバング訪問。Solvangにて昼食
★ロスキレ市補助器具センター訪問

(補助器具がどのように提供されているかのレクチャーと体験)
★デンマーク&日本交流会
10/1(土) ☆午前中:振り返りの後、ホテル出発、コペンハーゲン空港へ。
※帰国便(SK983便。15:45発)成田直行便で帰りますのでよろしかったらご一緒にどうぞ。
10/2(日) ☆成田着
税関通過後解散。お疲れ様でした。
※交通機関や現地の事情により視察や研修の内容が変更になる場合があります。
※ホテル利用の場合はスタンダードクラスとなります。また、一人部屋追加料金は45,000円です。(先着5名様まで)
※参加費の他に、高齢者委員会や福祉施設のみなさんとの交流会、お土産等共通費として、別途8,000円必要となります。
※事業終了後、参加者全員参加による報告集を作成致しますのでご協力ください。
※その他詳細はお問合せ下さい。

デンマークからのメッセージ

現地セミナーリーダー:デンマーク在住
沢渡夏代BRANDT

毎年多くの日本人がヨーロッパを訪れますが、これらの旅行客の皆さんは、100ボルトと220ボルトの電圧の差はちゃんとご存じで、必要とあれば必ず、スーツケースの片隅に変圧器を詰めて来られます。ただ考え方や物の見方の方の変圧器を忘れずに持参される方は、どうも少ないようです。
つまり、大半の方が、220ボルトの世界のヨーロッパを、100ボルトの目で見て帰られるのです。これでは、ショウトしないまでも、なかなか220ボルトの世界の本質まではみえて来ないのではないでしょうか。
高齢化社会を迎えた日本では、今高齢者福祉問題が大きな社会問題として取り上げられ、国を挙げての福祉制度作りが進んでいます。そのために、福祉先進国デンマークへの関心も高まり、この分野での視察は、近年急上昇で増えています。しかし、福祉の旅と題した旅行の中には、全日程の内で1日ないし2日程度の視察で、デンマークの福祉を理解したような雰囲気になる旅も少なくありません。一方、ひの社会教育センターが企画している『高齢者福祉視察の旅』は、ロスキレ市に8日間滞在し、じっくりと腰を据えて学ぶと共に、地元の方々とも積極的に交流を深めています。
この姿勢はロスキレ市からも高く評価され、「市としても全力を挙げて協力します」とのお約束をいただいています。お誘い合わせの上是非ご参加下さい。お待ちしています。

「人が豊かに生きる」と言う一番大切なことに気づかせてくれるデンマークのとりこになりました

あなたもこのチャンスを自分のものにしてください

2015年の研修に参加
三重県名張市 名張育成会 みはた虹の丘保育園 主任:保育士:松井加奈子


私は今回初めてデンマーク研修に参加させていただきました。
保育士の私にとって福祉国家であるデンマークは国の人に対する考え方やそれに基づいた仕組みは目からうろこ状態で感動やら驚きやら、日常的には味わえないことばかりの9日間でした。
高齢者ケアセンターの視察から始まり、総合幼稚園、障がい者施設(授産施設)、小学校、学童保育、森の幼稚園、補助器具センター、精神疾患用生活ホーム、まさに「ゆりかごから墓場まで」どこをとってもデンマークの、人を大切にする考え方やデンマークの福祉に触れることが出来る金太郎あめのような視察研修でした。
また、大きな収穫はそれだけではありません。日野教育センターの中能さんや現地の夏代さんからの事前研修やレクチャーからの学び、福祉に携わる方やデンマークと言う国に関心のある方との出会いやワインを飲みながら語り明かしたこと、朝の散歩で見た朝焼け、悠々としたデンマーク建築物、それぞれの施設の職員の方や子ども達とのふれあい、最終日には高齢者の方との交流会でもっと身近にデンマークのライフスタイルに触れる経験にもなりました。
自分自身を振り返るきっかけにもなったデンマーク研修、もう一度行きたいと思うのですが、私は高1の息子にこの経験をさせたいと強く思います。この研修は福祉だけではなく「人が豊かに生きる」と言うこと、これから生きていく中で一番大切なことに気づかせてくれる経験につながるのではないかと感じています。
この機会をいただいたこと、たくさんの出会いに感謝を込めて、皆様にもお勧めいたします。