1. HOME
  2. けん玉道場

けん玉道場

対象:年長児〜大人

全日本チャンピオンも生まれた名門道場

集中力を育てる!

プロの誕生や各種大会で9名の日本チャンピオンを輩出している全国でも屈指の名門道場。
けん玉は自分自身と向き合う競技です。失敗しても何度でもチャレンジ!
礼儀を大切に、基本技からさまざまな技の習得をしていく中で、充実感と達成感を味わい、自然と集中力が身に付きます。けん玉を通して世代を越えた人とのつながりが広がります。

  • 基本技のマスター
  • 級・段認定会、記録会、試合
  • ウルトラCに挑戦 など
日時 土曜日 14:00~16:00
定員 30名
月会費 3,850円(消費税別途)
施設使用料 280円/月
保険料 子ども:850円 高校生以上:1,900円
※年度内有効
年会費 初年度:3,000円(65歳以上2,000円)
継続:2,000円 
会場 ひの社会教育センター
指導 田嶋 朗(六段)/渡邉優太(五段)/田中十志也(四段)/他 けん玉協会認定指導員
名誉師範 松永義希(日本けん玉協会会長)/伊藤佑介(プロけん玉師)
服装・持ち物 けん玉(販売もあります)
その他
伊藤佑介

けん玉道場から誕生したアーティスト
プロけん玉師:伊藤佑介さん

1988(S63)年5月開設のけん玉道場最初の生徒である伊藤佑介さん。小学6年生で小学生の全国大会で優勝。高校1年生のときに全日本選手権大会で優勝。2002年のもしかめ大会で記録した“7時間35分55秒”がギネスブック記録として認定されたことをはじめ、もしかめ大会では8回の優勝記録がある。
その伊藤さんが大学を卒業したあと、意を決して取り組んだのが「けん玉のプロの道」。東京都のヘブンアーティストにも認定され、都内はもちろん、全国各地でけん玉と大道芸による素晴らしい技を披露しています。マスコミにもよく登場しています。今後ますますの活躍を期待します。
伊藤佑介さん公式ホームページ http://www.kendamashi.com/

日野けん玉大会選技内容はこちら

第31回日野けん玉大会

成績

Aクラス(10~4級)

  • 1位/坂本美桜
  • 2位/町田史香
  • 3位/加野龍城・西島知幸

Bクラス(3級~準初段)

  • 1位/吉越 航
  • 2位/安藤康介
  • 3位/垣堺 智・山本陽平

Cクラス(初段~二段)

  • 1位/後藤日菜多
  • 2位/垣堺 匠
  • 3位/安藤太介・若槻基文

Dクラス(三段~四段)

  • 1位/町田諭史
  • 2位/山中 薫
  • 3位/田中十志也・畑 慎也

Eクラス(五段以上)

  • 1位/飯島啓介
  • 2位/柏木萌々子
  • 3位/坂井天翠・田嶋 朗

6種目タイム競技(ABCクラス)

  • 1位/安藤太介
  • 2位/垣堺 智
  • 3位/垣堺 匠・若槻基文

タイム競技B(DEクラス)

  • 1位/永田一樹
  • 2位/坂井天翠
  • 3位/福島優太郎

もしかめ(ABクラス)

  • 1位/山本陽平
  • 2位/田中義郎

もしかめ(CDEクラス)

  • 1位/福島優太郎
  • 2位/坂井天翠

第30回日野けん玉大会

田嶋朗六段 4回目の優勝


2017年11月5日(日)の「第30回日野けん玉大会」は千葉、神奈川、埼玉、東京の各地域より、小学生から一般まで33名の選手が、日ごろの練習の成果を出し合いました。
Eクラス(五段以上)は田嶋朗六段が(23)が4回目の優勝。タイム競技Bは芦澤翔太五段(中1)が2年連続、もしかめCDEクラスは福島優太郎五段(高3)が2年連続4回目の優勝。その他は下表参照(写真は各クラスの優勝者)

成績

Aクラス(10~4級)

  • 1位/上條 崇(一般)
  • 2位/安藤康介(小5)
  • 3位/三瓶淑恵(70)・横森彩子(49)

Bクラス(3級~準初段)

  • 1位/中村莉子(8)
  • 2位/安藤大介(小4)
  • 3位/芦澤孝明(45)・長谷川貴彦(41)

Cクラス(初段~二段)

  • 1位/坂井三絵(61)

Dクラス(三段~四段)

  • 1位/横森万奈(小5)
  • 2位/藤浪竜哉(54)
  • 3位/畑 慎也(46)
  • 4位/田中十志也(49)

Eクラス(五段以上)

  • 1位/田嶋 朗(24)
  • 2位/飯島啓介(中2)
  • 3位/福島優太郎(高2)・福田 暎(中1)

タイム競技(DEクラス)

  • 1位/芦澤翔太(中1)
  • 2位/田中陽之(小2)

タイム競技(ABCクラス)

  • 1位/安藤太介(小4)
  • 2位/芦澤孝明(45)

もしかめ(CDEクラス)

  • 1位/福島優太郎(高2)
  • 2位/田中陽之(小6)

もしかめ(ABクラス)

  • 1位/安藤康介(小5)
  • 2位/三瓶淑恵(70)

第13回全日本けん玉パフォーマンス大会

渡辺優太五段 準グランプリ

2017年10月15日(日)山形県長井市で開催の「第13回全日本けん玉パフォーマンス大会」で、渡辺優太五段(27歳)が準グランプリと健闘しました。

2017 ワールドオープンけん玉フェスタ/世界けん玉道選手権大会 藤原一生杯

福島優太郎五段 優勝

2017年7月15日(土)、台東区・リバーサイドスポーツセンターでの「JKAワールドオープンけん玉フェスタ 世界けん玉道選手権大会 藤原一生杯」で当道場の福島優太郎五段(高3)が、日本国内外の一流プレイヤーを撃破し、念願のメジャー初優勝を飾りました。
来年は大学生。さらなる活躍が期待されます。


(注)JKAは日本けん玉協会の略称。藤原一生氏は日本けん玉協会創設者

第29回日野けん玉大会

飯島啓介五段 初優勝

2016年11月6日(日)の「第29回日野けん玉大会」は千葉、神奈川、埼玉、東京の各地域より、小学1年から60歳代まで40名の選手が、日ごろの練習の成果を出し合いました。
Eクラス(五段以上)は井島啓介五段(中1)が初優勝。タイム競技Bは芦澤翔太五段(小6)、もしかめCDEクラスは福島優太郎五段(高2)が優勝。その他は下表参照。(右の写真は各クラスの優勝者)

成績

Aクラス(10~4級)

  • 1位/藤森千颯(小3)
  • 2位/佐野恵子(小1)
  • 3位/星 賢吾(小2)

Bクラス(3級~準初段)

  • 1位/黄倉奈緒(小3)
  • 2位/吉富大起(高1)

Cクラス(初段~二段)

  • 1位/江沢智也(18歳)
  • 2位/吉田桜良(11歳)
  • 3位/山中 薫(43歳)
  • 4位/北田晶人(12歳)

Dクラス(三段~四段)

  • 1位/石谷航太(9歳)
  • 2位/田中十志也(48歳)
  • 3位/藤原壮太(小4)
  • 4位/藤浪竜哉(53歳)

Eクラス(五段以上)

  • 1位/飯島啓介(中1)
  • 2位/福島優太郎(高2)
  • 3位/鼻崎 渉(高1)
  • 4位/田嶋 朗(大4)

タイム競技(DEクラス)

  • 1位/芦澤翔太(小6)
  • 2位/福島優太郎(高2)

タイム競技(ABCクラス)

  • 1位/吉富大起(高1)
  • 2位/吉田桜良(11歳)

もしかめ(CDEクラス)

  • 1位/福島優太郎(高2)
  • 2位/渡辺優太(26歳)

もしかめ(ABクラス)

  • 1位/佐野恵子(小1)
  • 2位/星 賢吾(小2)

関連記事