1. HOME
  2. 特集
  3. ピークハントアドベンチャークラブ

SPECIAL

特集

ピークハントアドベンチャークラブ

2022年度秋季より、ひの自然学校「Peak-hunt Adventure Club(ピークハントアドベンチャークラブ)」が発足!
有名は山はもとより、その周辺の山々やさらなる奥地にも足を延ばし、五感をフルに使って登山をすることで、意外と知られていない自然や魅力を再発見します。
「高尾山」と一口に言っても、実はその付近には魅力的な山々が他にも多く存在しています。
今年度はそんな“高尾山系”の山々を制覇しよう!

活動日程と参加費

①草戸山(東京都町田市)

2022年10月22日(土)

草戸山
記念すべき1回目は「草戸山」へ。山頂からの市街地と城山湖の景色が素晴らしい。
【参加費】7,920円(税込)

②高尾城山(東京都八王子市)

2022年11月5日(土)

高尾城山
高尾山とその奥にある「城山」まで、2つの山頂を目指し、縦走登山をします。
【参加費】7,810円(税込)

③景信山(東京都八王子市)

2022年12月4日(土)


開けた山頂からは、富士山や関東平野の街並の景色が圧巻。時期が重なれば紅葉も見ることができます。
【参加費】7,920円(税込)

④陣馬山(東京都八王子市)

2023年2月25日(土)


標高855mにある山頂は、360°大パノラマの“陣馬高原”。昼食は最高の景色を眺めながら食べよう。
【参加費】8,690円(税込)

⑤高尾トワイライト(東京都八王子市)

2023年3月4日(土)


夜の山には、お昼に見ることのできない夜景や夜行性の動物との出会いなど新たな体験が盛りだくさん。
【参加費】7,700円(税込)

参加募集要綱

対象
くらぶF会員の小学3年生〜6年生
(日野市内外在住に関わらず、どなたでもご参加いただけます)
定員
各15名(最少催行人数:10名)
参加方法
事前の参加予約が必要です。ひの社会教育センターまでお電話(042-582-3136)にてお申し込みください。
※申込時にどの日程に参加するかをお知らせください。
申込締切日
各開催日の2週間前
集合/解散
いずれの日程もJR中央線「豊田駅」北口 パン屋「あおいとり」前
キャンセルについて
申込後のキャンセルは、当センターキャンセル規定に基づきキャンセル料をいただきます。
開催日当日あるいは、開催後も連絡がないまま参加されない場合、後日キャンセル料として全額請求いたします。
キャンセル料発生日:開催日の10日前から

お申し込み後の流れ

  1. 活動2週間前に「活動のしおり/事前調査票/参加費振込用紙」を郵送いたします。
  2. 活動1週間前までに、参加費のお支払いと事前調査票の提出をお願いします。
  3. 当日、しおりに記載されている時間に集合をお願いします。

Peak-hunt Adventure Clubのねらい

  • 登頂をすることで最後までやり遂げる力を養う。
  • 登山中のコミュニケーションを通じて、仲間と協力する楽しさを知る。
  • 自然の中で遊ぶ楽しさを知ると共に、環境倫理について考える。

文部科学省が一昨年発表した「青少年の体験活動に関する調査研究結果報告」において、小学生の頃に体験活動をしていた子どもは、自尊感情や外向性、精神的な回復力といった項目の得点が高くなる傾向があるとして、統計的に見ても“子どもの頃の体験活動”の必要性が謳われています。
コロナ禍において子どもたちの体験活動の場が減少しつつある今、少しでも多くの子どもたちに貴重な体験の機会を提供したいという願いから生まれたのがこの「Peak-hunt Adventure Club」です。

コロナ禍の長期化に伴い、人々の心身の健康問題は世界共通の問題になっています。この問題に対して野外活動や自然体験活動の果たす役割は大きくなっているように思います。ヴァージニア大学のTim Beatley は、日々身近な自然を感じたり、時々自然公園などの緑が豊かな山々に出かけたりすることで、心身の健康が保たれると同時に免疫力の向上が期待できると伝えています。
また、たまに滅多に行くことのできない大自然に出向くことで、自然に対する畏敬の念を抱くと同時に人との絆が強まり、多様な認識をもつことができると伝えています。
その指針をわかりやすく示したものがこの「ネイチャーピラミッド」です。
ひの自然学校では、この「ネイチャーピラミッド」の考え方に基づき、これまでサマーキャンプ・スキーキャンプといった宿泊型の活動をピラミッドの最上位の活動とし、毎月自然環境の豊かな山々を巡ることができる「Peak-hunt Adventure Club」の設立いたしました。
多摩地域に属する日野市の周りには、知られていない自然がたくさんあります。この機会に、一緒に冒険へ出かけてみませんか。

LNTロゴマーク

ひの社会教育センターでは2016 年より、北米発の環境倫理団体「Leave No Trace.org(リーブノートレイス/以後LNT)」とパートナーシップを結び、これまで環境に配慮したキャンプ活動を創り上げてきました。
Peak-hunt Adventure Club でも、山をフィールドに使うので、自然を楽しむと同時に、環境倫理についても深く考えていければと思っています。
Leave No Trace とは、直訳すると「痕跡を残さない」という意味。日々自然を利用しながら生きる私たちにできることは、自然へのインパクトを可能な限り小さくすること。それが「持続可能なヒトと自然の付きあい」に必要なことです。
LNTには「7つの原則」が存在し、どんな自然環境でも応用できる考え方を教えてくれます。LNTは世界各地でこの概念を普及推進している団体です。


ひの社会教育センター定例教室「子ども会ぽけっと」でのハイキング活動がLNTJのYouTubeに取り上げられました。
LNTについて学ぶことができるほか、当日の流れも確認できるので、参考までにご覧ください!

子供の日帰り低山ハイキング前編
子供の日帰り低山ハイキング後編

引率者紹介

若泉将貴(わかいずみ まさき)
ひの自然学校 担当ディレクター
サスティナブル レスポンシビリティマネジャー
学生からの児童館リーダーや野外活動ボランティアリーダーを経験後、現在は ひの自然学校ディレクターとして春夏秋冬を通して子どもたち の野外活動を引率し、指導している。
世界的な野外教育機関WEA の指導者資格をもち、また同時に 世界的な環境倫理団体 LNT.org の指導者資格を有する。 趣味はキャンプ・登山、 好きなものは肉料理全般とラーメン。
【資格・実績等】
・WEA-Certificate of Outdoor Leader(野外教育指導者資格)
・WMA野外災害救急員WAFAアドバンスレベル
・ASL体験活動セイフティリーダー
・NEALリーダー(自然体験活動指導者資格)
・日本キャンプ協会公認キャンプディレクター2級
・Leave No Traceトレーナー(環境教育指導者資格)
・CONEリスクマネジメントディレクター(現場安全管理者資格)
・ネイチャーゲームリーダー
・EFR救急法インストラクター
・小学校、中学校高等学校英語科一種教員免許状

寺田達也(てらだ たつや)
ひの自然学校 チーフディレクター
リスクマネジャー
大学卒業後、アウトドアメーカーに就職、店舗で販売をしつつラフティングを少し嗜む。縁あって2010年よりひの自然学校ディレクターとして子どもの野外活動を中心に従事。
アウトドア全般が好きで、キャンプ・登山・カヤック・スキーなど4シーズンの季節に合わせた遊びをまんべんなく楽しむのが趣味。専ら肉好きだったが、最近魚の魅力に気づきつつある30代。但し、食後のアイスはマストアイテム。
【資格・実績等】
・WMA野外災害救急法WFRプロフェッショナルレベル
・WMA Internationalインストラクター
・EFR救急法インストラクタートレーナー
・Rescue-3 Technical rope rescue Technician
・Rescue-3 Swift water rescue First Responder
・ASM体験活動セイフティマネージャー
・RAJリバーガイド
・NEALリーダー
・日本キャンプ協会公認 キャンプディレクター1級
・Leave No Traceトレーナー
・CONEリスクマネジャー
・日本山岳ガイド協会認定 登山ガイドステージⅡ
・プロジェクトワイルドエデュケーター
・幼稚園、小学校一種教員免許状
・スキーパトロール
・東京都保育士等キャリアアップ研修インストラクター(保健衛生・安全対策分野)
・日本山岳ガイド協会 コンプライアンス委員
・日本キャンプ協会 安全対策委員
・Leave No Trace Japan 副代表理事
・元北里大学非常勤教員
・北米最高峰デナリ山登頂(2019)