介護予防実践運動指導員養成講座・修了生の声

ひの社会教育センター 高齢者運動インストラクター
渡邊藍子さん (資格講座1期生)

本音のところ、これまでは高齢者の人の運動はこれで良いのか?というところがありました。この講座を受講することで、講義・実技・施設実習があり、即、現場に生かされることが多く、今は、現場に迷いがなく自信につながっている自分があります。
これからも学びを忘れず、現場でイキイキできるよう努力していきたいです。

高齢者運動インストラクターフリー(昭島にて)
安芸茂継さん (養成講座18期卒・資格講座2期卒)

では、全員で手をつなぎ円をつくりましょう。転倒防止のための“咄嗟の一歩”を行います!
①右足を横に出してステップ②左足その場ステップ③右足戻してステップ④左足その場ステップ。同じことを後3回!但し4回目は右左右左〜右と5回ステップ⑤次に左側へ同じように4回ステップ。⑥今度は「春が来た」を歌いながらやりましょう。
こんな調子で私は昭島市東部包括センター主催の「介護予防教室」でボランティア活動をしています。

介護福祉士 ふまねっとインストラクター
大森眞千子さん (養成講座3期生)

親の介護がきっかけで受講
せっかく取った資格を生かそうと市の体育指導員を4年勤め、開講して介護予防体操教室を始めて8年、主人の会社倒産を機に5年前ヘルパーの資格を取り、グループホームに勤務。昨年、介護福祉士の資格を取り、改めて介護予防の大切さを痛感しています。この養成講座は、私の、学びの原点です。

介護予防実践運動指導員養成講座&インストラクター資格認定講座についてはこちら。