森のようちえん&森の冒険学校

生きる力、豊かな感性、たくましい身体と心を育む

TEL.042-582-3136

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

2013年5月13日(日)森のようちえんフォーラム 春

2013年5月13日(日)森のようちえんフォーラム 春

子どもの「育ち」を考える

子どもの元気大作戦! 〜知ろう 子どものカラダとココロ〜

日本体育大学准教授の野井真吾先生をお招きして「現代の子ども達に必要なものは何か」についてお話を伺いました。
朝起きられない子、そわそわ落ち着かない子などの現状を学校の先生や保育園、幼稚園の先生、子育て中の親からの「実感」を頼りに、様々なデータをもとに子どものカラダの「事実」をお話していただきました。
野井先生が提案するスローガンは「光 暗闇 外遊び」です。太陽の光を十分に浴びて外遊びをすると、夜間のメラトニンの分泌が増え、眠りに着きやすく、また質の良い睡眠になるそうです。十分な睡眠をとれば朝すっきりと起きられるようになります。さらに夜はなるべく光を抑えて眠りにつく準備が大切(暗闇)で、テレビやゲーム、都会の明るさ等々…暗闇の少ない現代人の生活を考え直しましょうと話されました。その他、子どもにとって「遊び」がいかに大切であるのか、ワクワクドキドキ(興奮)できるような体験が心と体に大きな影響を与えていることなど、とても興味深いお話を聞くことができました。
第1部の講演につづき、第2部では野井真吾先生をかこんで交流会を行いました。講演を聞いての感想や、実際に子ども達と関わる中での疑問や問題点について考えたり、子どもの「育ち」について多くの人達と一緒に意見交換することができ、充実したフォーラムができました。

より詳しいレポートはこちら(PDF書類)

« »