森のようちえん&森の冒険学校

生きる力、豊かな感性、たくましい身体と心を育む

TEL.042-582-3136

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

2017年3月11日(土)平山城址公園

2017年3月11日(土)平山城址公園

天気:はれ

2016年度最後の森のようちえん・冒険学校の活動です。すっかりたくましくなった子ども達はたくさん歩くことができるようになりました。
最初に遊んだ広場は沼地になっていて、泥遊びには最適です。棒に泥をつけて木道に足跡のようにつけてみたり、泥団子を作ったり、泥団子の周りにはっぱをつけてかしわ餅を作ったりと想像力が膨らみます。

池には卵からかえったオタマジャクシがたくさん泳いでいて、子どもたちは早速すくい始めます。残念ながら持ち帰りはできませんが、貴重な体験に子どもたちの目はキラキラ輝いていました。最近のブームは洗濯屋さんごっこ。レジ係や宅配係など子ども達だけで役割分担をします。自分で係が見つからない子を見かけると「配達してくれる?」と声を掛け合うことも自然にできています。


さぁ〜て、今日はどの道でいくのかな?

ぐーりーこ!

新登場「レスキューごっこ!」要救助者1名!

今回新たな遊びはレスキューごっこ。沼地に落ちた人を助けるのですが、その様子を取材にくる報道の人になったり、救急隊員になったりと遊びの中に小さな社会ができていました。

午後はドンジャンケンやグリコが誰からとなく始まり、そして遊びの輪がどんどん大きくなっていきます。お尻滑りも一人始めれば次々に滑り始め、止まることなく遊びは続いていきます。でも、その中には入らずに、野球やブランコを楽しむ子どももいます。自分の意思でやりたいことを見つけられる子ども達は、きっと相手のことも認められる自立した子どもになると思います。
一年間参加してくれた子ども達と、送り迎えをしてくださったお父さんお母さん、本当にありがとうございました!


オタマジャクシが大漁だ〜

汚れなんて気にしない〜みんなでやるともっと楽しい!!!

お友達との関わりも楽しめるのがこの時期

« »