森のようちえん&森の冒険学校

生きる力、豊かな感性、たくましい身体と心を育む

TEL.042-582-3136

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

■カメラマンの見た森のようちえん

金子尚弘(白梅学園大学)

長沼公園の「森のようちえん」に素人カメラマンとして参加しました。

カメラのファインダーから覗いた子どもたちは、無邪気、元気という印象だけではなく、どの子も自立して見えました。引率者に促されたにしても、道なき斜面を嬉々として登り、後から来る子に手を差し出し、クマザサの中から枝を見つけて引きず りながら又歩きだす。他の子とちょっと話して、また自分の目に留まった木の幹を覗いたりと、兎に角、それぞれ自分勝手でありながらバラバラではない不思議な集団行動という印象です。子どもと森との対話が、彼らを自立した存在にしているのでしょうか。

たぶん家では甘えることもあるのでしょうが、そんな素振りは微塵も見せずに、歩き、登り、走り、ぶら下がり、笑い、そして竹笛やロープ投げ、ブランコ載りに、本当に真剣に取り組んでいる姿を、大慌てで追いかけた数時間でしたが、森の子どもたちから、すがすがしい気持ちの良い1日をプレゼントされて感謝しています。