くらぶF(青少年事業)

小学生以上を対象とした文化・芸術活動、スポーツ・野外自然学習を行っています。

TEL.042-582-3136

〒191-0064 東京都日野市多摩平4-3

けん玉道場

全日本チャンピオンも生まれた名門道場

集中力を育てる!
プロの誕生や各種大会で9名の日本チャンピオンを輩出している全国でも屈指の名門道場。
けん玉は自分自身と向き合う競技です。失敗しても何度でもチャレンジ!
礼儀を大切に、基本技からさまざまな技の習得をしていく中で、充実感と達成感を味わい、自然と集中力が身に付きます。けん玉を通して世代を越えた人とのつながりが広がります

けん玉道場から誕生したアーティスト プロけん玉師 伊藤佑介さん
1988(S63)年5月開設のけん玉道場最初の生徒である伊藤佑介さん。小学6年生で小学生の全国大会で優勝。高校1年生のときに全日本選手権大会で優勝。2002年のもしかめ大会で記録した“7時間35分55秒”がギネスブック記録として認定されたことをはじめ、もしかめ大会では8回の優勝記録がある。
その伊藤さんが大学を卒業したあと、意を決して取り組んだのが「けん玉のプロの道」。東京都のヘブンアーティストにも認定され、都内はもちろん、全国各地でけん玉と大道芸による素晴らしい技を披露しています。マスコミにもよく登場しています。今後ますますの活躍を期待します。
伊藤佑介さん公式ホームページ http://www.kendamashi.com/

内容

  • 基本技のマスター
  • 級・段認定会、記録会、試合
  • ウルトラCに挑戦
など
日時土曜日 14:00~16:00
対象年長児~大人
定員30名
参加費月会費 4,428円
傷害保険 子ども:850円 / 高校生以上:1,900円
年会費初年度:3,000円(65歳以上2,000円)
継続:2,000円 
会場ひの社会教育センター
講師松永義希(九段/日本けん玉協会認定指導員/第1回・8回全日本マスターズけん玉選手権大会優勝)
服装・持ち物けん玉(販売もあります)
その他


2017 ワールドオープンけん玉フェスタ
世界けん玉道選手権大会 藤原一生杯
福島優太郎五段 優勝
2017年7月15日(土)、台東区・リバーサイドスポーツセンターでの「JKAワールドオープンけん玉フェスタ 世界けん玉道選手権大会 藤原一生杯」で当道場の福島優太郎五段(高3)が、日本国内外の一流プレイヤーを撃破し、念願のメジャー初優勝を飾りました。
来年は大学生。さらなる活躍が期待されます。
(注)JKAは日本けん玉協会の略称。藤原一生氏は日本けん玉協会創設者

第29回日野けん玉大会
飯島啓介五段 初優勝
2016年11月6日(日)の「第29回日野けん玉大会」は千葉、神奈川、埼玉、東京の各地域より、小学1年から60歳代まで40名の選手が、日ごろの練習の成果を出し合いました。
Eクラス(五段以上)は井島啓介五段(中1)が初優勝。タイム競技Bは芦澤翔太五段(小6)、もしかめCDEクラスは福島優太郎五段(高2)が優勝。その他は下表参照。(右の写真は各クラスの優勝者)

第29回 日野けん玉大会成績

Aクラス(10~4級)
  • 1位/藤森千颯(小3)
  • 2位/佐野恵子(小1)
  • 3位/星 賢吾(小2)
Bクラス(3級~準初段)
  • 1位/黄倉奈緒(小3)
  • 2位/吉富大起(高1)
Cクラス(初段~二段)
  • 1位/江沢智也(18歳)
  • 2位/吉田桜良(11歳)
  • 3位/山中 薫(43歳)
  • 4位/北田晶人(12歳)
Dクラス(三段~四段)
  • 1位/石谷航太(9歳)
  • 2位/田中十志也(48歳)
  • 3位/藤原壮太(小4)
  • 4位/藤浪竜哉(53歳)
Eクラス(五段以上)
  • 1位/飯島啓介(中1)
  • 2位/福島優太郎(高2)
  • 3位/鼻崎 渉(高1)
  • 4位/田嶋 朗(大4)
タイム競技(DEクラス)
  • 1位/芦澤翔太(小6)
  • 2位/福島優太郎(高2)
タイム競技(ABCクラス)
  • 1位/吉富大起(高1)
  • 2位/吉田桜良(11歳)
もしかめ(CDEクラス)
  • 1位/福島優太郎(高2)
  • 2位/渡辺優太(26歳)
もしかめ(ABクラス)
  • 1位/佐野恵子(小1)
  • 2位/星 賢吾(小2)

第9回全日本マスターズけん玉道選手権大会
下河原伸 四段 初優勝
2016年1月23日(土)の「第9回全日本マスターズけん玉道選手権大会」は40歳から86歳まで37名の選手で行なわれ、下河原伸四段が念願の初優勝を飾りました。おめでとうございます。4位に松永九段、小畠貢四段がベスト8でした。今回も日野の選手が上位に進出しました。

第28回日野けん玉大会
福島優太郎 五段が念願の初優勝
2015年11月3日(日)の「第28回日野けん玉大会」は千葉、神奈川、埼玉、東京、ベトナムの各地域より、幼児から70歳代まで53名の選手が、日ごろの練習の成果を出し合いました。
Eクラス(五段以上)は福島優太郎五段(高1)が念願の初優勝。永田一樹五段(中2)が昨年に続き二位。Dクラス(三段・四段)は下河原伸四段(62歳)が優勝。タイム競技Bは飯島啓介五段(小6)、もしかめCDEクラスは大下綾五段(高2)が優勝。その他は下表を参照ください。(右の写真は各クラスの優勝者)

第28回 日野けん玉大会成績

Aクラス(10~4級)
  • 1位/鈴木理子(小3)
  • 2位/後藤日菜多(小1)
  • 3位/藤森千颯(小2)
  • 4位/吉田光太郎(7歳)
Bクラス(3級~準初段)
  • 1位/福島涼介(小6)
  • 2位/菱田将信(36歳)
  • 3 位/榊原俊(29歳)
  • 4位/松岡留委(小1)
Cクラス(初段~二段)
  • 1位/山中紫音(中1)
  • 2位/松木孝祐(小4)
  • 3位/芦川隼平(小5)
  • 4位/川内宏祐(45歳)
Dクラス(三段~四段)
  • 1位/下河原伸(62歳)
  • 2位/福田正智(小5)
  • 3位/藤川由莉子(小4)
  • 4位/畑慎也(中2)
Eクラス(五段以上)
  • 1位/福島優太郎(高1)
  • 2位/永田一樹(中2)
  • 3位/飯島啓介(小6)
  • 4位/坂井天翆(高1)
タイム競技(DEクラス)
  • 1位/飯島啓介(小6)
  • 2位/永田一樹(中2)
タイム競技(ABCクラス)
  • 1位/芦川隼平(小5)
  • 2位/藤原壮太(小3)
もしかめ(CDEクラス)
  • 1位/大下綾(高1)
  • 2位/松木孝祐(小4)
  • 2位/塩野入知子(大4)
もしかめ(ABクラス)
  • 1位/吉田光太郎(7歳)
  • 2位/藤森千颯(小2)

第8回全日本マスターズけん玉道選手権大会
松永義希九段が2回目の優勝
2015年1月24日(土)板橋区グリーンカレッジホールで行われた「第8回全日本マスターズけん玉道選手権大会」は、40歳から93歳までの選手で行われ、松永義希九段が2回目の優勝となりました。
日野社会教育センターけん玉道場会員からは、予選トップの下河原伸四段が3位、久米岳晴四段が4位でした。今回も日野の選手が上位に進出しました。

写真左より:松永・下河原・久米


2014年 全日本けん玉道もしかめ選手権大会(東京・日野会場)
渡辺優太五段 8時間達成 日本チャンピオンに
2014年11月3日(祝)、全国16会場で行われた2014年度のもしかめ選手権大会。この大会は、午前10時全国一斉にスタートし、ホームページ上の掲示板で各地域の状況を報告しながら行うものです。
日野会場(社会教育協会)では、昨年6時間38分48秒を記録した渡辺優太五段(24歳・左写真)が制限時間の8時間(推定77,000回)を記録し、全日本チャンピオンとなりました。同会場で、花野井潤五段(29歳・右写真)も同じく8時間(推定回数71,000回)。津久井智之五段が2時間12分24秒、石川涼介五段が2時間16分27秒でした。

写真左:渡辺/写真右:花野井


第27回日野けん玉大会
畑中 卓 五段が三連覇達成
2014年11月2日(日)の「第27回日野けん玉大会」は千葉県、神奈川県、埼玉県、三多摩各地域、地元日野など、幼児から60歳代まで52名の選手が、日ごろの練習の成果を出し合いました。
Eクラス(五段以上)は畑中卓五段(22歳)がみごと三連覇を達成。永田一樹五段(中1)が二位。タイム競技Bは福島優太郎五段(中3)、もしかめCDEクラスは榊翼五段(21歳)が優勝。その他は下表を参照ください。

第27回 日野けん玉大会成績

Aクラス(10~4級)
  • 1位/福島涼介(小4)
  • 2位/佐々木和幸(小3)
  • 3位/佐々木くみ(小2)
  • 4位/池原宏治(45歳)
Bクラス(3級~準初段)
  • 1位/大久保颯太(小4)
  • 2位/後藤翔太(小2)
  • 3 位/田中十志也(46歳)
  • 4位/西山和輝(18歳)
Cクラス(初段~二段)
  • 1位/望月雄仁(小4)
  • 2位/海道ののは(小4)
  • 3位/會田稜太(小6)
  • 4位/田川亜輝子(中1)
Dクラス(三段~四段)
  • 1位/上條晃聖(小3)
  • 2位/福田正智(小4)
  • 3位/望月菜々子(小6)
  • 4位/岩猿春花(中2)
Eクラス(五段以上)
  • 1位/畑中 卓(22歳)
  • 2位/永田一樹(中1)
  • 3位/鼻崎 渉(中2)
  • 4位/田嶋 朗(20歳)
タイム競技(DEクラス)
  • 1位/福島優太郎(中3)
  • 2位/飯島啓介(小5)
タイム競技(ABCクラス)
  • 1位/會田稜太(小6)
  • 2位/陣内はる夏(小2)
もしかめ(CDEクラス)
  • 1位/榊  翼(21歳)
  • 2位/渡辺優太(24歳)
もしかめ(ABクラス)
  • 1位/田中十志也(46歳)
  • 2位/菱田将信(34歳)

第7回全日本マスターズけん玉道選手権大会
大谷 幸司 五段(73歳) 二回目の優勝に輝く
2014年1月25日(日)、板橋区立グリーカレッジホールで開催の「第7回全日本マスターズけん玉道パ選手権大会」は、40歳から84歳までの23名の選手で行われ、日野社会教育センターけん玉道場所属の大谷幸司五段が第4回大会以来の二度目の優勝に輝きました。
また、同道場所属の松永義希九段が三位、下河原伸四段が四位という成績でした。

2013年 全日本けん玉道もしかめ選手権大会
東京・日野会場
2013年11月10日(日)に全国10会場一斉にて行われた2013年度のもしかめ選手権大会。この大会は、午前10時全国一斉にスタートし、ホームページ上の掲示板で各地域の状況を報告しながら行うものです。
日野社会教育センター会場では、昨年(2012年)4時間18分24秒を記録した渡辺優太五段(23歳・右写真)が6時間38分48秒で2時間20分以上の大幅な自己記録の更新でした。
その他30分以上の記録は、嶋﨑司晃四段(小4):2時間19分37秒、坂本顕大六段(大学2年):1時間46分05秒、福島優太郎五段(中2):1時間04分18秒、久米岳晴四段(50歳):32分44秒、津久井智之五段(28歳):31分44秒。
全国では8時間(限度時間)が2名、7時間台が3名でした。小学生は4時間が限度時間で、全国で4名が記録しました。

第26回 日野けん玉大会大会
畑中卓(五段)が二連覇!
2013年11月4日(月・祝)の「第26回日野けん玉大会」は千葉県、神奈川県、埼玉県、三多摩各地域、地元日野などから45名の選手が集い、日頃の練習の成果を出し合いました。Eクラス(五段以上)は、決勝戦が昨年と同じ顔合わせの畑中卓五段(21歳)対福島優太郎五段(中2)で、畑中卓五段がみごと二連覇を達成。タイム競技Bは永田一樹五段(小6)、もしかめCDEクラスは福島優太郎五段が優勝。その他は下表を参照ください。

第26回 日野けん玉大会成績

Aクラス(10~4級)
  • 1位/池田英樹(45歳)
  • 2位/米田朱里(21歳)
  • 3位/中尾育寧(小1)
  • 4位/池田花菜子(小1)
Bクラス(3級~準初段)
  • 1位/上条晃聖(小2)
  • 2位/大久保颯太(小3)
  • 3 位/坂上花乃(小4)
  • 4位/三宅まり子(40歳)
Cクラス(初段~二段)
  • 1位/福田正智(小3)
  • 2位/藤川由莉子(小3)
  • 3位/松田京士(小4)
  • 4位/藤川野里子(小3)
Dクラス(三段~四段)
  • 1位/宮内早矢(小4)
  • 2位/中川 隼(小6)
  • 3位/嶋﨑司晃(小4)
  • 4位/畑中とほみ(46歳)
Eクラス(五段以上)
  • 1位/畑中 卓(21歳)
  • 2位/福島優太郎(中2)
  • 3位/尾形 光(22歳)
  • 4位/永田一樹(小6)
タイム競技(DEクラス)
  • 1位/永田一樹(小6)
  • 2位/福島優太郎(中2)
タイム競技(ABCクラス)
  • 1位/藤川由莉子(小3)
  • 2位/藤川野里子(小3)
もしかめ(CDEクラス)
  • 1位/福島優太郎(中2)
  • 2位/浜田 侑(中1)
もしかめ(ABクラス)
  • 1位/三宅まり子(40歳)
  • 2位/坂上花乃(小4)

第25回 全日本少年少女けん玉道選手権大会 西関東ブロック代表選考会 男子の部
永田一樹(五段)優勝
2013年6月22日(土)港区東洋英和女学院小学部で行なわれた「第25回全日本少年少女けん玉道選手権大会 西関東ブロック代表選考会」男子の部で、けん玉道場会員永田一樹五段(日野六小6年)が昨年に続き二連覇を果たし、8月25日(日)池袋サンシャインシティ噴水広場で行なわれる「第25回文部科学大臣杯全日本少年少女けん玉道選手権大会」に西関東地区代表として出場します。
女子の部では宮内早矢四段(4年)が3位でした。

第25回 日野けん玉大会大会
畑中卓(五段)が初優勝!
11月4日(日)に行なった「第25回日野けん玉大会」は45名の選手でにぎやかに行なわれました。Eクラス(五段以上)の部では畑中卓五段(20歳)が初優勝でした。準優勝は福島優太郎五段(中1)、タイム競技Bは田嶋朗五段(高3)、もしかめCDEクラスは福島優太郎選手が優勝。その他、詳細は下表を参照ください。

第25回 日野けん玉大会成績

Aクラス(10~4級)
  • 1位/藤野航亮(小1)
  • 2位/宮木闘気(小2)
  • 3位/宮崎陽介(小4)
  • 4位/大宮 豊(63歳)
Bクラス(3級~準初段)
  • 1位/宮本鉄人(小6)
  • 2位/田川亜輝子(小5)
  • 3 位/古内宗希(39歳)
  • 4位/古内彩菜(小3)
Cクラス(初段~2段)
  • 1位/田村優翔(小5)
  • 2位/宮内早矢(小3)
  • 3位/田川昴輝(小3)
  • 4位/土佐旺広(小2)
Dクラス(三段~四段)
  • 1位/玉井仲充(40歳)
  • 2位/久米花枝(小6)
  • 3位/久米岳晴(49歳)
  • 4位/畑中とほみ(44歳)
Eクラス(5段以上)
  • 1位/畑中 卓(20歳)
  • 2位/福島優太郎(中1)
  • 3位/田嶋 朗(高3)
  • 4位/嶋寺克彰(32歳)
タイム競技B(DEクラス)
  • 1位/田嶋 朗(高3)
  • 2位/永田一樹(小5)
6種目タイム競技(ABCクラス)
  • 1位/藤川由莉子(小2)
  • 2位/土佐旺広(小2)
もしかめ(CDEクラス)
  • 1位/福島優太郎(中1)
  • 2位/尾形 光(21歳)
もしかめ(ABクラス)
  • 1位/藤川野里子(小2)
  • 2位/田川亜輝子(小5)

第25回 NTTデータけん玉大会 チームの部
福島優太郎(五段)、浜田侑(五段)、永田一樹(五段)優勝
2012年5月13日(日)杉並区立第一小学校で行なわれた「第25回神MTTデータけん玉大会」チームの部で、当センターけん玉道場会員の福島優太郎五段、浜田侑五段、永田一樹五段のチームが見事優勝しました。
※福島優太郎五段の「福」は、正しくは示編です。

第11回 神奈川県子どもけん玉大会
浜田侑(五段)、みごと二連覇
2012年6月2日(土)川崎市立高津中学校武道場で行なわれた「第11回神奈川県子どもけん玉大会」で、当センターけん玉道場会員の浜田侑五段(藤沢市立鵠洋小6年)がAクラス(有段者)の部でみごと、二連覇を達成しました。

永田一樹(五段)みごと初優勝!全国大会へ
久米花枝四段が三位、浜田侑五段と宮内早矢準初段がベスト8に
2012年6月24日(日)渋谷区慶応義塾幼稚舎で行なわれた「第24回全日本少年少女けん玉道選手権大会 関東大会」で、当センターけん玉道場所属の永田一樹五段(日野六小5年)が集中力を発揮し、みごと男子の部初優勝に輝きました。8月26日(日)池袋サンシャインシティ噴水広場で行なわれる「第24回文部科学大臣杯争奪全日本少年少女けん玉道選手権大会」に出場します。永田君への応援をお願いします。
男子の部予選トップの浜田侑五段(6年)がベスト8、女子の部、久米花枝四段(小6)が3位、宮内早矢準初段(小3)がベスト8と健闘しました。
永田君は当センターけん玉道場から11人目の関東チャンピオンです。
左から宮内早矢さん、久米花枝さん、永田一樹くん、浜田侑くん 永田くんは東京都知事賞をいただきました。