ひの社会教育センター

ひの社会教育センターは日野市と公益財団法人社会教育協会が共同で運営しています

〒191-0062 東京都日野市多摩平4-3

TEL.042-582-3136 FAX.042-581-0647

シンポジウム『あなたは子どもたちにどのように答えますか?』障害があるってどういうこと?みんなとちがうってどういうこと?★9月24日★参加者募集中!

シンポジウム『あなたは子どもたちにどのように答えますか?』障害があるってどういうこと?みんなとちがうってどういうこと?★9月24日★参加者募集中!

ー誰にとっても住みやすい地域を考えるシンポジウムー

あなたは子どもたちにどのように答えますか?

障害があるってどういうこと?
みんなとちがうってどういうこと?

「小学生の子どもがいます。『となりのクラスのお友達は、どうして2人だけでお勉強してるの?』
その質問にうまく答えられず、説明する言葉をもっていない自分をもどかしく思いました。」
日野市では、障害者差別解消法の制定を受け、障害者差別をなくす条例づくりが進められ
ています。
親として、地域で暮らすおとなとして、一緒に考えてみませんか?


9月24日(月・振休) 10:30~12:30(10時開場)

会場

Tomorrow PLAZA 2階 TreeHALL
住所:日野市多摩平3-1-1

参加費 大人:500円/こども(高校生まで):無料 ぜひお子様もご一緒にご参加ください!
参加申込 こちらの申し込み用紙にご記入の上、日野社会教育センター窓口、電話、FAXにてお申し込みください。

電話 042-582-3136/FAX 042-581-0647

※手話通訳あり(申し込み時、お知らせください)
180924

シンポジウムのオープニング

日野市出身歌手SIO(シオ)
「社会福祉法人夢ふうせん」が理念を歌詞に込めて作成し、SIOが作曲した障害者施設愛唱歌「みんな大事な仲間たち」を歌います。ぜひご一緒に♪

シンポジウムのプログラム

藤田さんのお話
障害のある方の地域での暮らし
蜂屋さんのお話
これまでの日野市での障害者のみなさんとの活動
会場のみなさんのお話
まとめ

講師の紹介

藤田 博文(ふじたひろふみ)
自立生活センター・日野 事務局次長
障害者差別をなくす日野市条例づくりの会事務局
日野市障害者差別解消推進条例策定検討委員会委員長
蜂屋 弘之はちやひろゆき
日野市障害者青年・成人学級等の運営に長年にわたり携わる
「ともに生き、ともに学ぶ」をスローガンに、障害を持つ人も、持たない人も、ともに仲間として活動する取り組みを行っている
主催 (公財)日野社会教育センター
共催 社会福祉法人日野市民たんぽぽの会
後援 日野市、社会福祉法人日野市社会福祉協議会、日野市教育委員会、日野市障害者関係団体連絡協議会
協賛団体 NPO 法人ひの・I-BASYO「クリッパーズ」、鈴の会、社会福祉法人 夢ふうせん、パナソニックエイジフリーショップ日野、シンガーソングライターSIO(シオ)、アフタースクールカフェ、認定NPO 法人やまぼうし

« »